会社設立(株式、合同)サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都葛飾区

会社設立サポート(株式・合同)

会社設立(株式・合同)

 

会社設立(株式・合同)お問合せ

 

会社組織にするメリット

 

会社設立の例

会社設立サポート内容

当事務所の会社設立サポート内容は以下となります。
お客様と打合せをさせて頂きながら進めさせて頂きます。
会社設立サポート内容

ご利用料金

当事務所のサポート料金は下記となります。
会社設立サポート利用料金

 

会社設立(株式・合同)お問合せ

会社設立についての知識

会社の種類につきましては、株式会社、持分会社(合同、合名、合資)の4種類となります。
会社の種類

 

それぞれの特徴について下記の表をご覧ください。

会社の種類

会社の特徴

株式会社

設立最低人数=1人
役員=1人以上
責任範囲=有限責任
最高意思決定機関=株主総会

合同会社

設立最低人数=1人
役員=1人以上
責任範囲=有限責任
最高意思決定機関=全社員の合意

合名会社

設立最低人数=1人
業務執行=社員
責任範囲=無限責任
最高意思決定機関=全社員の合意

合資会社

設立最低人数=2人
業務執行=社員
責任範囲=有限責任又は無限責任
最高意思決定機関=全社員の合意

※上記にある社員とは出資者であり、一般の社員とは異なります。
無限責任=会社の負う債務の範囲内で、社員が個人財産で限度なしに責任を負います。
有限責任=社員が一定の範囲内のみ責任を負います。

会社設立の流れ

会社設立の流れ

定款の作成及び認証

会社を設立するには、第一に定款の作成が必要になります。
会社の名前、目的、出資額等について
良く検討し決めることが大切です。

 

会社名(商号)について

会社名については、同様の名前の有無等を確認する
必要があります。(類似商号調査)
・同一本店所在地に同一の商号会社がないか
・不正目的と誤認されるような商号ではないか等

 

※上記のことを怠った場合、不正競争として民事訴訟に
 発展する可能性があるので注意が必要です。

 

会社の事業目的

事業目的については、将来的なこと考慮し、
現在の事業目的及び将来、事業を行う可能性が
あるものについても、当初より定款の事業目的に
記入しておくことにより、
定款の変更という手間が省くことができます。
又、目的については、明確に何をするのか記入する
必要があり不明確な目的では、
定款の認証が受けらず修正が必要となります。

 

用意するもの

印鑑証明書
会社印
実印
出資額を振込んだ通帳のコピー等

 

株式会社と合同会社の違い

会社設立

現在では、株式会社と合同会社の2種類が
主に設立されております。
ここで、株式会社と合同会社の違いを
確認していきたいと思います。

 

合同会社は、人的多数決で会社の物事がきまり、
株式会社では、資本多数決で決まることになります。

 

対外的信用度では、株式会社の方が有利と
言えますが設立コストにおいては、
合同会社が株式会社に比べ
安く設立することが出来ます。

株式会社

● 一定機関の設置が必要
(株主総会、取締役)
●株主平等の原則
(株式の内容及び株数に応じて)
●株式譲渡自由の原則
(原則、株主は株式を自由に譲渡できる)

合同会社(LLC)

● 自由に機関設計できる
●社員の権利内容を自由に定めることが可能
●社員は、他の社員の全員の承諾が
得られない場合、その持分の全部または一部を他人に譲渡できない。

会社設立でお困りの方

当事務所は、個人会社設立を応援しております。株式会社、合同会社等でお悩みなら
まずは、ご相談から始めてください。当事務所は初回相談無料にて行っておりますので、
お気軽にお電話またはメールを頂ければと思います。
会社設立サポートお問合せ

 

会社設立サポート道案内図


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ